オカレンス(観察データと標本)

Occurrences of Spalax zemni

最新バージョン Ukrainian Nature Conservation Group (NGO) によって公開 2022/08/29 Ukrainian Nature Conservation Group (NGO)

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 213 レコード English で (12 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (10 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (0 bytes)

説明

The dataset contains occurrences of Spalax zemni, gathered in the field expeditions during 2016-2020 in Ukraine.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、213 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

Occurrence (コア)
213
MeasurementOrFacts 
213

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Rusin M, Ghazali M (2021): Occurrences of Spalax zemni. v1.0. Ukrainian Nature Conservation Group (NGO). Dataset/Occurrence. https://gbif.univer.kharkov.ua/resource?r=spalaxzemni&v=1.0

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Ukrainian Nature Conservation Group (NGO)。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution Non Commercial (CC-BY-NC 4.0) License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 3cc90eba-6de4-4d39-8f9a-8e1770120f10が割り当てられています。   Participant Node Managers Committee によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているUkrainian Nature Conservation Group (NGO) が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Mole-rat; Ukraine; Mykolaiv; Zaporizhya; Dnipro; Distribution; Occurrence

連絡先

Mikhail Rusin
  • メタデータ提供者
  • 連絡先
Researcher
Kyiv Zoo
Kyiv
UA
Maria Ghazali
  • 最初のデータ採集者
Senior Researcher
I.I. Schmalhausen Institute of Zoology NAS of Ukraine
Kyiv
UA
Mikhail Rusin
  • メタデータ提供者
  • 連絡先
researcher
Kyiv Zoo
Kyiv
UA
Oleh Prylutskyi
  • Custodiansteward(保管者)
Associate professor
V.N. Karazin Kharkiv National University
Kharkiv
UA

地理的範囲

Ukraine: Mykolaiv, Kherson, Zaporizhia, Dnipro, Kropyvnytsky, Vinnytsia, Kyiv, Cherkasy, Khmelnytskyi, Zhytomyr, partially Lviv and Ivano-Frankivsk Regions.

座標(緯度経度) 南 西 [44.151, 22.061], 北 東 [52.376, 40.518]

生物分類学的範囲

説明がありません

Species Spalax zemni (Mole-rat)

時間的範囲

開始日 / 終了日 2016-01-01 / 2020-01-01

プロジェクトデータ

説明がありません

タイトル Extent of occurrence of Spalax zemni
識別子 170515299
ファンデイング The Mohamed Bin Zayed Species Conservation Fund
Study Area Description Ukraine: Mykolaiv, Kherson, Zaporizhia, Dnipro, Kropyvnytsky, Vinnytsia, Kyiv, Cherkasy, Khmelnytskyi, Zhytomyr, partially Lviv and Ivano-Frankivsk Regions.
研究の意図、目的、背景など(デザイン) The goal of the project was to collect modern data on the distribution of Spalax zemni – a species listed as Vulnerable in IUCN Red List and The Red Book of Ukraine. As a result, we recorded that currently S. zemni is common in the region between cities of Kropyvnytskyi, Mykolaiv, Zaporizhya and Dnipro. Outside of this region occurrences are scarce. This may mean that the species lost large part of its distribution range.

プロジェクトに携わる要員:

Mikhail Rusin
  • 研究代表者
Maria Ghazali
  • データ提供者

収集方法

Most of the occurrences were recorded using GPS Garmin eTrex30 and eTrex30x. Presence of mole-rats was identified by soil mounds. In many cases mounds were recorded during driving the car, thus the accuracy of points is app. 100-200m (it took few seconds from noticing the mounds to record the location in GPS). In cases of uncertainty tunnels were excavated to measure the burrow diameter. In several cases mole-rats were captured and genotyped. For genotyping we used cytB mitochondrial gene. This allowed to correctly place populations with controversial species status within S. zemni.

Study Extent Mapping of mole-rats was done in different seasons, mainly along highways, but also in the countryside.
Quality Control To correctly identify species living in the underground burrow two approaches were made: 1) burrows were excavates to measure the diameter; 2) animals were captured and genotyped. Only genotyping allows to correctly identify species within this genus. For genotyping we used cytB gene.

Method step description:

  1. Driving motorway and countryside roads.
  2. Mapping all mounds of mole-rats using GPS Garmin eTrex 30/30x.
  3. Undigging suspicious tunnels.
  4. Trapping of animals in few cases.
  5. Tissue sampling.
  6. Occurrences imported from GPS device to Garmin BaseCamp.
  7. Occurrences from BaseCamp exported to produce DwC compatible database.

追加のメタデータ

代替識別子 3cc90eba-6de4-4d39-8f9a-8e1770120f10
https://ukraine.ipt.gbif.no/resource?r=spalaxzemni